すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【それアリ?】加熱式タバコを吸いながら遊技可のホール、全体の〇割へ

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
増えている体感はあれど、ここまでとは

スポンサーリンク

パチ屋から、灰が消えた日

2020年4月に全面施行された健康増進法
望まない受動喫煙を防止するための取り組みとして、多くの場所から紫煙がその姿を消していきました。

昔ながらの喫茶店や居酒屋、レストランなどが対象になり。
その中にはパチンコ店も含まれていました

 

「タバコの匂いがしなくなると気軽にパチ屋いけるわ」
などの意見も見られたものの、やはりあの場所は喫煙率が高く。

「既存の喫煙ユーザーの離反があるのでは」との懸念も。

 

条件を満たせば屋内に喫煙所を設置できるため、完全禁煙というわけではありませんし。
加熱式タバコには若干の恩情が掛けられていたため、
一縷の望みをそれに託した状態になっていました。

パチンコ店への改正健康増進法の影響と対策|blu日本公式
日本では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催の決定を契機に、世界基準の受動喫煙防止体制を目指す活動がより活発になり、2020年4月に全面施行された改正健康増進法によって、パチンコ店においても原則的に屋内禁煙となりました。ここでは、パチンコ店内での喫煙へどのような影響があるのか、またその対策について解説しま...

(電子タバコブランドのbluも公式ブログでこの件に言及。
如何にパチンコ店にとって喫煙者が大事な顧客かを示しています。)

スポンサーリンク

 

加熱式タバコが吸えるお店、増える

事態は急展開を見せます。

 

前述のとおり、加熱式タバコには若干の逃げ道があり。
「1フロアを丸々加熱式タバコ専用階」にするなどの方法で、
吸いながらの遊技を可能にすることが出来ました。

しかしこの方法では大規模な改装や資金が必要になり、
中小の店舗で真似をすることはできません。
後に続く店もなく、禁煙化の波は続く…
と思われたのですが。

 

 

ある時期を境に、加熱式タバコを吸いながら遊技が出来る店舗が急増

加熱式たばこエリア設置店が急増、前月比1.5倍の450店舗に ~群馬県で全席加熱式たばこOKのパチンコ店が新たに登場 | パチンコ・パチスロ情報島

記事執筆時点(2021年1月)では、
およそ1割のホールで加熱式タバコが吸える状況になっています。

数にして850弱845/8302

ちなみにこれ。『パチモク』というサイトで、
【加熱式タバコプレイエリア完備】と検索した際に出た数字です。

この数字の信ぴょう性がどれくらいあるかは不明ですが、
少なくとも800以上はあると見積もってもいいかもしれません。

 

ザル設備とガバ管理

こうした店舗の中には、コロナ対策用の仕切りや換気機能。
しっかりと遊技スペースの分割を行っている店舗がほとんどだと思いますが。

中には「なんでこれで分煙って扱いなんだ…?」と思えるホールもしばしば。

しかし、そんなツッコミも「ながら遊技」の快適さに消されるのか。
数か月たった今では誰も指摘しなくなりました

 

今後電子タバコが吸えるホールは増えていくと思います。ますが。
適当が過ぎるホールは、喫煙者の私でもさすがに敬遠してしまうかもしれません。

 

コロナが騒がれているこのご時世。
分煙に意識を向け投資するのは、巡り巡って良い結果になると思うんですが…。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました