すろざんまい X 旧イベ特定日まとめ
機種系情報

【生存確認】清流ゲームジャパン『トリプルクラウンVK-30』が検定を通過した模様!【30φ】

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
そろそろ清流ゲームジャパンから案件を頂いてもいい頃合いでは?

スポンサーリンク

清流ゲームジャパン『トリプルクラウンVK-30』が検定を通過へ!

管理人が毎度のこと謎の思い入れを見せてい『トリプルクラウン』

シリーズ最新作は昨年11月に登場した『トリプルクラウンV-30』
6号機以降は、上記を含めた2機種が市場に導入されています。

実質”沖縄専用機”と化した本シリーズですが、
最新作が検定を通過した様子です!

基本的に大きな動きのないメーカーなので、
こうした検定情報が実質的な生存確認になっているんですよね。

スポンサーリンク

ハナにも負けない?沖縄の有力選手

『すろざんまい』で本シリーズを度々取り上げる理由の一つは、
この機種の持つ独自性にあります。

関東や北海道などではジャグラーが
東海・近畿地方ではハナハナが主力というのはよく聞く話ですが。

タワーひまわり | P-WORLD
■北海道札幌市中央区北四条西2丁目1-3■パチンコ640台/スロット466台■パチンコ/スロット■9:00~23:00

では、30Φが根強い沖縄地域ではハナハナが圧倒的優勢なのか?と言われると、
そうとも言い切れないんですね。

先日、『情報島』さんで高稼働と紹介されていた『ピータイムおもろ』


その機種構成を見てみると…?

ピータイムおもろ | P-WORLD
■那覇の新スポット【おもろ町】の、■喫煙ブース設置店■パチンコ240台/スロット320台■パチンコ/スロット

『トリプルクラウンV-30』が『チバリヨ』や『沖ドキ!DUO』と同じ台数も導入されています。
30Φの市場が大きいとはいえ、この台数は驚愕ですよね。

沖縄のデカコイン文化を支える柱でもあるからこそ、
なんとかしてネタに…盛り上げたいという気持ちがあるんです。

今度はどれくらいの台数が導入されるんでしょうね
何にせよ、
清流ゲームジャパンが生き続ける限りは沖縄の30Φ文化が死ぬことはないはず。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント