すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『岩手県』パチンコ店の営業再開はいつから?『緊急事態宣言延長』

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!

私たちの麗しの都であるパチ屋に行けなくなってからしばらく経ちました。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

全国で営業再開だの休業延長だのという話が聞こえてきますね。
当ブログでも紹介していますので、よろしければどうぞ。

 

県遊協からのお知らせを読んでみよう!

というわけで、いつも通り県遊協からのお知らせを読んでみましょうか。

要約してみましょう。

・休業要請に協力してくれてありがとう
・緊急事態宣言は延長されたよ
・パチ屋の休業要請は解除されたよ
・でも感染対策と流入対策はやってね

とのこと。

コロナ感染者が確認されていないこともあってか、
他の県よりもスパッと”解除”と書いてあるのがいいですね。

 

営業再開はいつから?

岩手県のパチンコ店は、
最短で5月7日より営業再開となります。

やったぜ。

 

営業自粛と感染対策

岩手県も他県と同じく、営業再開にあたっての対策が求められています。

広告宣伝の自粛は継続ですね。
ちなみに岩手県、営業再開の告知にSNS媒体の使用を挙げています。
これはちょっと驚き。

感染対策としては、『消毒・換気・三密の回避』を徹底してくださいとのこと。

間引き営業なども当然行いますが、遊技台の隔日交代も可能とのこと。

後は特に変わったっ点はありませんね。

 

流入制限

恐らく今岩手県が最も恐れているのは、
コロナに感染した人間が県外から訪れること。

当然、遠征民こと流入対策も厳しめになります。

駐車場に入らせない、入っても辞退を呼びかける等々。
店内放送でも遠慮している旨を放送と気合入ってます。

 

そして正義の人とマスコミ対策も織り込み済み。
「〇〇県住者です」表示は、今後のコロナ社会では必須になるんでしょうか。

 

岩手県のパチンコ店は、
最短で5月7日より営業再開となります。

他の県よりも感染対策は弱めですが、
遠征民への対策が強めになっています。

他県の方は岩手のパチンコ店にいっても総スカンを食らうだけなので、
もうしばらくおとなしくしている必要がありますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました