すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【○✕】iスポーツ参加資格『iスポーツ健康アドバイザー』取得がチョロい件

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
良くも悪くもって感じ。

 

スポンサーリンク

iスポーツ参加資格『iスポーツ健康アドバイザー』

以前うちのブログでもネタにした『iスポーツ』
今流行のEやPに倣い、遊技機の取り付けを競技化してしまおうというもの

【iスポーツ】遊技機の取り付けをスポーツ競技にしたい連中がいるらしい
遊技機の取り付けを競技化した『iスポーツ』、それを行なう機構が設立されたとか。誰が見るの。

とはいえ、扱うのは遊技機。ゲームに比べれば遊技人口は圧倒的に少なく。
また、賞金付き大会を行なう上でのプロライセンスをどうするか?
などの課題
も見えていました。

 

そんな中『日本iスポーツ機構』が、
参加資格の『iスポーツ健康アドバイザー』の認定を開始

参加する気なんて毛頭ないですが、
とりあえず資格取得の方法だけ調べてみることにしました。

 

資格取得がチョロい件

まず、用意するものは以下の3点。

 

・15分程度の時間
・受験料の1000円

これだけでOK。

 

『日本iスポーツ機構』のサイトにある、
「iスポーツ健康アドバイザー基礎知識」という動画を視聴しましょう。

NiS|iスポーツ健康アドバイザー資格について
iスポーツとは、日本古来の玄能(げんのう)と釘を使用し、パチンコ機の取り付け時間と取り付け技術の正確さを競技するスポーツです。取付けをマスターする為に精神や身体を鍛え健康になることを目的とし誕生しました。競技参加者はiスポーツ健康アドバイザー 《プロゲンナー》資格が必要となります。
iスポーツ健康アドバイザー基礎知識

この動画の内容をしっかりと理解したら、受験料を納付した上で
ページ右上にある「iスポーツ健康アドバイザー試験」をクリック!

 

ここで、先程視聴した動画内容に準ずる○✕クイズが17問出題されます。

8割(約14問)以上正解で資格認定となるようです。

結果はメールにて通知、電子認定証はLINEにて送られるとか。

 

この流れが、大会に出場する資格を得るまでの道となるわけです。

 

 

 

 

えっ、チョロくね?

 

このチョロさをどう見るか

上で書いたようにめちゃくちゃチョロいんですこの認定試験。
頑張れば小学生でも資格が取れる(※)レベルです。

年齢制限は”多分”あるんだと思います
Twitterで見かけた大会要項には『18歳以上、高校生不可』と、
通常のパチンコ店ルールが採用されていました。

が、会場はパチンコ業界人向けの貸し会議室ですし、
別に未成年が参加しても…と思うんですが…。
世間の声がうるさいんでしょう。

ちなみに、公式サイトにはその手の記述はないです。
常識的に考えてわかるでしょ?ってことなんでしょうか。

 

 

この難易度の低さを

・多くの業界人に参加してもらってがめつく儲けるんや!
と考えるか、
・ハードルを低く下げてより多くの人に参加してもらいたい!
という想いに捉えるかは人それぞれでしょうね。

 

ひとまずは内輪ノリのようにひっそりしれっとやるみたいですが、
これが今後伸びたりなんかしたら面白いと思うんですけどね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました