すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『ダンまち』これが低設定の力だ!『Aツイン』

実戦報告

どうもこんにちは!タピオカ卍です!

今回は、久々に実戦を行なった時のことをお話ししてみようと思います。

この度私が選んだのは、
「低設定で爆死しにくく、高設定では大勝ちしにくい」「ヒキでどうにかなる」
と世間様で囁かれているであろうあの2機種。

果たして、私はプラス収支を収めることができたのでしょうか。

スポンサーリンク

抑えきれないダンまち欲

今回は、神奈川県にある某J店での実戦。

ここ数日なぜか、非常にダンまちを打ちたくてたまりませんでした。
同じスロッターならご理解いただけると思うんですが。
そういう謎の衝動、たまにありません?

というわけで、ベタピン上等でダンまちに着席する私。
設定1とはいえ、
ダンまちは完全攻略打ちを行えば機械割が101%になると言われている機種。
そこまでボコボコに負けることはないでしょう。

 

 

開始12Gでファミリアチャンス(実質RB 以下:FC)を引き。
その後65Gで、
強ベルからのディバインジャッジダブル(枚数変動式ボーナス 以下:ダブル)を引く幸先の良さ。

ちなみにこの強ベルからのダブル(またはシングル)。
設定差の大きいところなので、引けば引くほど高設定に期待が持てます。

その後一度のFCを経て、136Gに下位RTに突入しました。

とはいえ、これでやっとスタート地点に立ったようなもの。
そのうち『萌えスロのススメ』で紹介することもあると思いますが、
この台は上位RTに入れなければ基本的に話になりません。

 

とかかっこいいことをいいつつこのRTは駆け抜け。
ま、まぁよくあることなので…

その後。
RT高確中に契機役不明のダブルを引き困惑しつつ。

その後の下位RTをまたまた駆け抜けつつ。
−12kで終了。
いや、これ。完全にやれない日のダンまちムーブですって…

謎のヒキでぶっこわしたかった

『ダンまち』で−12kという結果になってしまいましたが、ここで終わる私ではありません。
数日ぶりのスロットなんです。もう少し攻めたっていいじゃないですか。

続いて私が座ったのは、
完全攻略で機械割100%になると話題の『A-slot ツインエンジェルBREAK』

低設定でも設定差のないところを引き続ければ、勝てる…はずっ!

と、そんな祈りが神に通じたのか。
開始10数Gで、設定差のないチャンス目Bからの青同色。
(チャンス目Bは、1/151.4の30%で当選。)


(期待度高めの新・トイレ演出。)

その後、133Gでまたしても設定差のないチャンス目Cからの青同色。
(チャンス目Cは、1/1092.3の50%で当選。)

うん…
なんとなくわかってきましたよ。
この台の設定。

しらばくして。
設定差のあるボナを引けず、下かなーと思って打ち続けると。

設定差のあるチェリー重複、しかも白7揃い!

設定が入ってないであろう台に限って、
撮れ高が高いのはなんなんですかね…?

しらばくは静かな時間が続いていましたが。
事が起きたのは、300Gを過ぎてからのこと。

脳内を支配する強烈な違和感
チャンス目B or C対応の演出に、ハズレ目。

結果はというと、リーチ目役での当たりでした。いやこんなん来たら汁出ますって。
ちなみに、リーチ目役の成立確率は1/1365.3(全設定共通)。
いやぁ、やっぱり私なにか持ってr(ry

この後、設定差のないボーナスを2回。
設定差のあるボーナスを1回引いたりしつつ。
下ザラをモミモミして、313枚での実戦終了となりました。

完全に下挙動

というわけで。まず、今回の収支でございます。

投資:12k 回収:16k

ん?

「ちょっと待てや!
Aツインで300なんぼなのに、回収16kっておかしいやろ!」

実は、『Aツイン』を打った後に。
最後の悪あがきで『新世紀エヴァンゲリオン 暴走400』を打ちまして。
BIGとREGをそれぞれ1回づつ当てちゃいました。

なので、ツインの分とエヴァの分を足した結果。どうにか捲れたというわけです。

閑話休題。

というわけで。
今回は明らかに低設定な『ダンまち』と、
『Aツイン』に特攻する回になりましたがいかがでしたでしょうか。

『Aツイン』は子役の数値こそ悪くなかったのですが、いかんせんボナが引けませんでした。
『ダンまち』は上でも書きましたが、完全に”やれない日”の挙動でしたね…

経験則にはなりますが。
「ボナ合算や小役が良くても、設定差のあるボナを引けないAツインは下」
というのが私の考えです。

なので。1000〜2000G回して、
そういった挙動であれば見切るのはありかもしれません。

正直、勝てるか勝てないかなんてこの際いいんですよ。
実際『Aツイン』では今回の実戦で、
面白い演出や出目が見れたので個人的には大満足です。

そういった楽しみができる台が、今後も増えていくといいですね。

それでは、またお会いしましょう!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました