すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『新台実戦』初打ちミルキィ!『Sミルキィホームズ 1/2の奇跡』

実戦報告

どうもみなさんこんにちは、タピオカ卍でございます!

というわけで今回は、
『Sミルキィホームズ 1/2の奇跡』の初打ち新台実戦の報告をばと。

見せてもらおうか、AAAタイプの実力とやらを。

スポンサーリンク

液晶無し萌えスロット

というわけで改めまして。
今回は『Sミルキィホームズ 1/2の奇跡』(以下:ミルキィ)を打っていきます。

このミルキィ、萌え機のくせに液晶がないというなんとも漢らしい仕様。
その代わりに”とある要素”と音響、
そしてライティング等で演出をするとのことで。

ここまでの仕様、そして打感もそうなんだけど。
これ完全にスーパードラゴンですわ。右下のポイントとか完全にそれ。

リールがゆっくり回りながら獲得枚数増えていったりするからね。
これもうわかんねえな?

実際問題、これの制作の『Carmina』って要するに『NET』だからね。
似ても仕方ないのかなぁと。

でもこのミルキィ。スーパードラゴンと大きな違いがあります。それは、
通常時がうるさい

萌えAタイプはおろか、下手なAT機とかよりも騒がしいレベル
というのも、かなりの頻度でキャラの掛け合いというか。
セリフなんかが多く再生されるんですよ。一人は歌ってるし

でも、あのわちゃわちゃした感じがミルキィっぽいのかなって。
さすがにセンシティブな声を出すのはやめていただきたいけど。

いざ実戦

実戦開始です。

開始からしばらくしてランプが全点灯。
これポイント高確なのか、ミッション高確の前兆かどっちなんですかね?
多分前者だとは思うんですが。

上から
・シャロ(チェリー対応
・ネロ(ベル対応
・エリー(スイカ対応
・コーデリア(リプレイ対応
となっております。(キャラ名は略称で表示。)

とりあえずハズレ以外を引けばポイントが溜まりやすい状態だと思われます。

この時と次の全点灯で目に見えた成果は得られず。
次に動きがあるのは119G。

通常時の択当てに成功し、ミッション高確率からのミッションに突入。

そして、そのミッションで、

キャラ揃い! 結果は…

初当たりいただきました !

ボーナス中は7を狙え演出を2度成功させ、キャラ揃いも一度成功。
消化し終えたあとは”一度有利区間を抜け”、引き戻しゾーンに入ります。
この台も『七匠』のラガンや美ら沖、『NET』のスーパードラゴンと同じ。
理論上は1撃2400枚の壁を突破することができます

まぁ、私は引き戻せなかったんですけどね。知ってた。

その手に掴め(るとはいってない)。1/2の栄光。

上の初当たりからしばらくして、またボーナスを引くことに成功。

(細かいところなんですが、このキャラクター図柄好き。
いい感じに各キャラクターの特徴をよく表しているというか。)

そしてこの当たりで、この日一番の大勝負を強いられることに。

今回のボーナスでは引き戻しが成功。
ついに、5回目のボーナスに行こうかというタイミング。

この台の5回目のボーナスは『EXTRA BONUS』と呼ばれ、
大量獲得への分かれ道になります。

ここで1/2を引くことができれば、
最大で1000枚以上が確定する『みるきぃあたっく』へ。

失敗でも、
最低200枚獲得の『びよんどTHEミルキィウェイ』(BMW)当選となります。

その結果は

 失 敗  。

こういう時外すのは、逆に持ってるのでは…?

◯◯達成であの曲が

「今日の見せ場は終わったな。」などと思いつつ。
BMW後になんだかんだ引き戻して遊んでいた時のこと。

キャラ揃いからの、「やさしくタッチして」の告知。
こういうところ妙にDAXELっぽいけど
どうしたのカルミナさん?

タッチしたところ、

※虹色なのでわかりづらいですが、ボーナス中です

これは、もしや?
1G連だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

賛否あるとは思いますが。
こういうボーナス連を安心して消化できる要素、割と私は好きです。
(戦コレ家康で『光の扉』が流れるのとかね。最高か?)

ちょっと感動したのが、
1G連時に(おそらく)確定で『正解はひとつ!じゃない!!』が流れるんですよ!

ミルキィホームズ楽曲の中で一番知名度がある曲の癖して
なかなか流れないので不思議に思ってたんですよ。
それがまぁ、1G連では確定で流れると。ニクいことするなぁ。

(後日知ったことですが、
この曲はある程度ボーナスを連チャンさせた場合も聴けるようで。
順番的には後ろの方なので、ハードルは少し高めですが。)

あとこれは余談ですが。
本機で流れる楽曲のほとんどがライブ音源っぽいんですよ
ホールでミルキアンたちの野太い「おはよーおはよー!」が流れたのは、
さすがに草以外のなにものでもない。大草原案件。

Milky Holmes Live Tour 2011 Autumn – To-gather!!!! – Seikai wa Hitotsu! Ja nai!!

荒削りではあるけれど

というわけで、ミルキィの初打ちでございました。いかがでしたでしょうか?

気になることも多い半面、
個人的にくすぐられる要素も多かったなぁという印象です。

今回は初打ちの感覚とか当たることをメインで楽しんでいたので、
『AAAタイプ』としてのミルキィをうまく楽しめなかった感があります

というのもこの台、見る部分が多いんですよ。

左右にそれぞれ、
押し順1枚役の第一停止と対応役があり。
右上の7や左上の招き猫。さらにはロゴ部分まで。
何から何まで、なんらかの示唆を行っているという忙しさ。
そこからポイント兼押し順ナビのセグがあり。


ごちゃごちゃしてるなーって。

その一言に尽きます。
こればっかりは苦言を呈さずにはいられないなぁと。

こうして見ると、
アクロス系ランプがいかに優れていたかというのがよくわかりますね。

ただ、ライブ音源だったり。リールの作りだったり。
当たった時の音の気持ち良さだったり。
限界突破できる仕様だったり。

ところどころにロマン要素があるのは私は好きです。

ハイエナ的な部分が強い台でもあるので、今後も打つ可能性はあります。

懸念点は一つ。

あれリースで導入してるホールも多いから、
稼働がないと早い段階で大量撤去(ry。

それでは、また次の実戦でお会いしましょう!

 

※追伸
個人的な話ですが、ミルキィホームズは活動初期に追っていた記憶があり。
ミルキィで思い浮かぶのは、『雨上がりのミライ』の方なんですよね。
なんで入ってないんだろう。

というか、ミルキィホームズのアルバムの方にもいない…

こちらの曲は全盛期のミルキィホームズだから、アニメ以降とはイメージが合わないと判断されたんですかね?

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました