すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【これはイケる?】藤商事『Pとある科学の超電磁砲』スペックが公開! 概ね事前リーク通りか

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
ワンチャンスペック。夢はあるよね。

スポンサーリンク

藤商事『Pとある科学の超電磁砲』スペックが公開!

ほらそこ、1週間くらい前にはリークされてただろとか言わない!

というわけで、『Pとある科学の超電磁砲』のスペックが公開されました。
今回は藤商事からの「待った」が無いようなので、公開OKが出たんでしょうね。

『モード1.0のブログ』さんで公開された内容から、
重要なところだけを抜粋してご紹介

初当たり確率1/236
小当り確率1/1(※特図2)
賞球3&1&5&15 10C
RUSH突入確率50%
RUSH継続率約80%
特図1振り分け7% 8R 時短100回 初当たり確率1/68
93% 8R 時短100回 初当たり確率1/168
特図2振り分け20% 10R あと2回
80% 4R あと2回
(3回セット後は時短(当り確率1/68)10Rの約50%で時短3000回振り分けあり※1
『P新台 Pとある科学の超電磁砲 (藤商事)』
■Pとある科学の超電磁砲 (藤商事)へそ3個賞球 一種二種混合タイプ・確率大当り 約1/239小当り 1/1 ※特図2・賞球 3&1&5&15・カウント 10…

※1 別のリーク情報では3回目の3000回振り分けは10%という情報も。

 

少し前に各所でリークされた情報と概ね変わりませんね。

10R後に時短3000回の振り分けがある等は新情報でしたね。

またこの性質上。3回セットの最終変動でこの振り分けを引いた場合、
実質次回確定という形になるようです。

詳しいゲームフローについては後述します。

スポンサーリンク

双撃をパワーアップさせたゲームシステム?

尖ったことをやっているように見える本機ですが、
全体的な流れは同社の『暴れん坊将軍 双撃』と共通する部分が見られますね。

(複数Vの獲得、普図と小当りを利用したシステム等々。
ボーナス消化や見せ方などは違いますが…。)

 

というわけで、おそらくは王道となるルートを確認していきましょう。

初当たり(1/236)を掴む

時短100回で1/163を刺す

当たり3回が確定
10R×3回を願う


消化後は再び100回時短へ 今回は1/68
最終変動で10Rの50%を引いていた場合、
次回当たりが濃厚

という感じですね。

初回右打ちが時短回数<初当たり確率となるいわゆる突破型です。

Vの放出が『蒼天の拳 天刻』のようなスタイルになるかはまだ不明です。

上記の『双撃』では先に2玉分の貯留を行い、
1回目のボーナス消化後にシームレスに2回目の消化に移っていましたが…?

DEAD or ALIVEな右打ち

右打ちでは200個と1500個という2種類の振り分けがあります。
この内1500個もとい10Rは20%。如何にこの20%を引けるかというゲーム性ですね。

(わかりやすいところで近い数字は、これですかね。)

 

ちなみに最小出玉と最大出玉の出玉差は約4050発
もっとも、最大獲得となる10R×3は1%ほどの振り分けらしいですが…。

 

数字だけ見てもわからないことも多いので。
早いところPVの登場を期待したいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました