すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【A300+AT】サミー『Sハードボイルド』スペック&資料公開! 技術介入もあるよ!【名機復活!?】

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
『ガメラ』の技術を使った『祭2』みたいな印象ですね。

スポンサーリンク

サミー『Sハードボイルド』スペック&資料公開!

4号機時代に人気を博した名機、『ハードボイルド2』

といっても私は打ったことがございませんので、多くは語れないんですが。
世に遍く4号機おじさん達から聞くことが多い機種の一つですね。

そんな『ハードボイルド2』。
往年の名機を復活させる企画『サミークラシック』にて存在が示唆されていたんですが…。

ついに今回、そのリメイク版の資料をリーク頂きました!

『B.B.K.K.B.K.K.』には心当たりあるんですが、
B・A・B・A・B・A・B・A・B・Aは知らないですね…。

というわけで、資料の方を見ていきましょうか。

スポンサーリンク

ファン待望の名機が6.5号機で蘇る!

先にも話したように、4号機時代に絶大な人気を誇っていたとされる『ハードボイルド2』。
『サミークラシック総選挙』では、栄えある第1位を獲得していましたね。


(総投票数の約1割。これが1機種に集まるっていうんですからすごいんでしょうね。)

そんな機種が、晴れて6.5号機の舞台で復活と相成りました。

AT中にボーナスをストックし、消化後に放出。所謂、完走型のスペックなんですね。
『祭2』などが打感的には近いんでしょうが、
こちらはATを使用しているため大きな違いが生まれます。詳しくは後で。

サミーいわく、ジャンルは『A300+AT』なんだとか。
この業界ほど新ジャンルが生まれるところもないでしょうね。

設定1のボーナス合算は約1/188と、どこぞの鈍亀や『祭2』よりも軽い数字ですね。

ゲームフローと通常時演出について

次はゲームフローなどについて見ていきましょうか。

図を見る限りでは、通常時からATへの直撃はない様子。
この辺りは『祭2』や『キャッツアイ』との大きな違いですね。

ボーナスを引いてなんぼのゲーム性なので、この部分は良きですね。
詳しくは後述しますが、
通常BBの1/2でATというのも懐かしのAタイプっぽくて個人的には好きですね。

通常時の演出は以下のようになっています。

大チャンス演出もあるみたいですが、効果音と消灯もあるので基本はそれメインですかね。
実際この機種って通常時もにぎやかなんですかね?教えて4号機おじさん!

スポンサーリンク

ボーナスについて

本機に搭載されているボーナスはSBBBBRBの3種類

SBBBBの平均獲得枚数は約300枚。約というのは、
双方が最大40Gの小役ゲームと12GのJACゲーム×3で構成されている為ですね。

近い機種でいえば『WUG』とかですかね。

さて。
JACゲームがあるということは、技術介入もあるということで…?

だから、JACハズシをしてもらう必要があったんですね。

ちなみに。
ディスクと同じように、AT中のBBはハイパーとなり技術介入が無くなります
イケイケの時は脳死で消化出来ますよ。やったぜ。

ATについて

続いてはAT中の情報を見ていきましょう

ATは前述したように基本50Gの完走型

消化中にボーナスのストック…、ここでいうボーナスバンクが行われ。
消化後にそれを一気に放出するという形に。

ATを駆使しているので、ボーナスを何個もストック出来るので爆発性あるんですよね。


ここが同じ完走型である『祭2』との大きな違いですね。

リーチ目でボーナスのストックを目に見える形で行う他。
液晶でも示唆が出るので、それを見てドキドキしながら打つのも良さげです。
示唆って言ってるので、安直に虹が出たりしないんでしょう。きっと。

そういえば、本家にあった1000G継続も今作では踏襲されています。

本機では20セット以上の継続が濃厚となる強力トリガーですが、
50Gごとのボーナスチェックはしっかりと行われるのもお忘れなく。

現行の機械じゃ1000G消化後にまとめて4000枚…とか無理ですからね多分。

打ち方とリーチ目について

スペックに入る前に、打ち方とリーチ目を確認しておきましょう。

通常時やナビ無し時は基本的に左1stが推奨

白7、赤7、黒バーのそれぞれ好きな場所を狙える親切設計になっております。
赤7周りがディスクライクになって、本家よりも素直に狙いやすくなりましたね。
前作勢は黒バー狙いなんですかね?

スイカテンパイ時のみ中リールのフォローが必要なので、
全体的に気軽に楽しめる配列になった雰囲気があります。

スポンサーリンク

スペックについて

まず先に、手元にある資料に掲載されているのは各種ボーナス確率のみ
機械割については、すでに公開されている別サイトの数字をお借りすることにします。

前述したように、設定1の初当たり合算は同社の鈍亀よりもそこそこ軽め
設定1でも最高で103%出ると言われている『祭2』より軽いこともお話しましたが、
その機械割はというと…?

『S新台 Sハードボイルド XX (サミー)』
■Sハードボイルド XX (サミー)6.5号機 疑似A+AT機・疑似ボーナス純増 約4.0枚SBB 約300枚+ATBB 約300枚+約1/2でATRB 約6…

設定1の完全攻略でギリ100%超え…。そのうえ千円ベースは34G。

あっ、これ辛いやつゥゥ!

そもそも想定されている最低値が96%台なので、
ディスクやガメラと同じ気持ちで打つと大やけどしますよ。

業界人の反応が出ていないのでなんとも言えませんが、
甘い機種として気軽に座るのは控えたほうが良さそうです。

6.5号機大体そうなんですけどね!

なにはともあれ、往年の名機の復活が楽しみなことに変わりはなく。
ホールでの登場や試打が待ち遠しい一台になりましたね。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました