すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【新台】SANKYO『Pフィーバーダンベル何キロ持てる?』製品PV&スペック公開! 安心感のある100%ST機で登場!?

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
てっきりキワモノ機を持ってくるものとばかり。

スポンサーリンク

パチンカスと健康

丸一日同じような姿勢で遊技を続けている私達パチンカーから、
最も多い場所にあると私が思っているもの。それは健康

見る・聞く・感じるといった脳についての刺激はともかく。
肩こりや腰痛などの身体的なダメージが顕著に現れることもあります。

また、遊技者における喫煙者の割合も多く
様々なモノを贄に捧げるからこそ、あの快感が味わえるのかもしれません。

そんな非健康的とも取れる遊びをする私達パチンカーに対して、
SANKYOがとんでもない版権をぶつけてきました

スポンサーリンク

SANKYO『Pフィーバーダンベル何キロ持てる?』製品PV&スペック公開!

奴さんガチだな?

というわけで『Pフィーバーダンベル何キロ持てる?』のPVでした。

原作版権の時点でS社とH社に喧嘩を売りそうだなぁとは思っていたんですが、
他の会社まで巻き込むとは…。嫌いじゃない、嫌いじゃないぞ。


(自社系列作品らしきパロもしっかりと網羅。)

PVを見る限りは数年前に登場して人気を博した、
『Pとある魔術の禁書目録』の発展型のようなスペックになっていますね。

というわけで、次からはPVの映像や頂いた一部資料を元に
この機種についてより深くお勉強していくことにしましょう。

人気版権×オリジナルストーリー!? 気合いがハンパない!

本機の使用版権2019年に放送された同名のアニメ
原作は漫画で、2022年11月27日時点では16巻までが発行されています。

女子高校生×筋トレという異色のコラボも話題になりましたが、
それ以上にバズったのはOPテーマ『お願いマッスル』

楽曲PVの内容がかなりカオスで好きなんですが、
あの『オーイシマサヨシ』や『なかやまきんに君』によるカバーもその人気を後押ししました。

そういえば、中の人が実際にトレーニングをする動画なんかもありましたね。

(主役の声優を務める『ファイルーズあい』は、実際にジムで勤務をしていたガチ勢。)

放映されたアニメの素材だけでもなんとかなりそうな本作ですが、
なんとこの機種のためにオリジナルストーリーとキャラクターを制作したんだとか。

ライバルキャラの声は日高里菜なんですか?打ちます。

ゲームフローについて

続いてはゲームフローについて見ていきましょう。
といっても、『禁書目録』を打ち慣れた方にとっては特に目新しさはないかもしれませんが…。

本機は、初当たりの1/319を引けば必ずSTに突入する安心仕様

ST回数は100回で、最初の30回は高速消化のゾーンになっています。

青図柄なら3R、赤図柄なら10Rというのもわかりやすくて良きです。
大量獲得が出来るV図柄揃いもあるんですが、実はちょっとした落とし穴が…
詳しくは後述します。

RUSHについて

前述したように、100回のうち30回は高速消化ゾーンになっているわけですが、

ロゴは『ルパン』っぽいのに、演出は『禁書目録』のそれ! と思いきや。
実は違和感演出が主となるらしいんですよね。

情報が渋滞してきましたね。次行きましょう。

残りの70回転は2つの演出から選択可能になっています。

リーチが発生してバトル演出に移行というよくあるモードは前者の『騎馬RUSH』ですかね。

中には、他作品のキャラクターが登場する演出も…?

スポンサーリンク

10RとV×2獲得? スペシャルゴールデンボーナス

本機の目玉の一つが、
10Rに加えてVストックを2つ獲得出来る『スペシャルゴールデンボーナス』

振り分けは右打ち中の10%と薄いものの、
3回の大当たりで最大4500発を見込める出玉トリガーとなっています。

が、件の10%引いたからといって油断は禁物
というのも本機、右打ちがALL1500発ではないからなんですね。

なので、10R+3R+3Rという振り分けが来る可能性もあり
その場合はおよそ2000発ちょいの出玉で至福の時が終了してしまいます。

しかし面白いのは、
3回目の振り分けには『スペシャルゴールデンボーナス』が復活している点。

ものっっっっすごく薄いところではありますが、
同ボーナスのループも期待出来る仕様というわけです。夢ありますよね。

スペックとカスタマイズ

最後にスペックとカスタマイズ要素を見て〆にしましょうか。

スペックについて

改めて。
本機は初当たり確率1/319、右打ち確率1/70.2を100回で刺すの100凸ST機

継続率は81%となっていますが、こちらはトータルの数値
件の3回ボーナスを引けない場合の実質継続率は、77.5%となっています。

また実質継続率か、と思わなくもないですが。
100凸で10R比率が7割で3回ボーナスまであって実質81%なら…まぁ許したる
という感じが個人的にはあります。


(比較対象の禁書目録も継続率約79%なので、まぁ多少はね?)

筆者が炎上しかけた遊タイムの搭載もなく
打ちたい時に気軽に挑戦できるミドルスペックになっていますね。
(でも100凸ロングST機と遊タイムの相性って悪くなかった記憶も。)

カスタマイズ機能

SANKYO機種といったら『カスタマイズ要素』ですよね。
本機にももちろんあります。

面白そうなポイントは、
RUSH時に一発告知のカスタマイズが出来ることですかね。

当たれば「キュイン」となるいつものに加え、
デスフラッシュ的な手動での告知も搭載。マッスルフラッシュ。

かなりまっとうなモノを出してきたSANKYO

謎のクルーンや2段階ST、
入る気がしない上位STにシリーズ作品であることを捨てた機種などなど。

どことなく尖った機種を出していたここ最近のSANKYO


[手のひら返しますけど、フィーバーにあるまじきテンポ感で逆にちょっと面白かった(小並感]

そういった機種と比べ、本機はかなりオーソドックス
だいぶ挑みやすいミドルスペック機であるように感じます。

版権が版権なので手を出しづらいかもしれませんが…。
案外ハマってしまう方も多い機種になりそうな予感もします。

SANKYOの新台は、果たして仕上がっているのかどうか…。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました