すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『ウィッチマスター』2019年打ち納めの乱『ゲロ辛台』

実戦報告

どうもみなさん、お久しぶりです!タピオカ卍です。
気がついたら年あけてましたね。更新が滞りすいませんでした。

さて、今回は2019年の最後。
もとい、12月31日の打ち納めについてお話しできればなと。

年の締めに打ったのは、ゲロ辛台として名高い”あの台”

スポンサーリンク

年の瀬の大勝負

というわけで、今回私が打つ台はこちら!

『パチスロ ウィッチマスター』

お察しいただいていると思いますが、今回も低貸しでの実戦です。
といっても10スロなので、大負けの場合致命傷は免れませんが…

ちなみに今回も、”頼れる”友人たちが一緒でございます。
それぞれ、

私→ウィッチマスター
友人A→スロフォギア
友人B→トータルイクリプス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやまぁ?
ウィッチはビッグバン引けばいいですし?
TEは帝都燃やせばいいですし?
フォギアは…フォギアは…無理だ

 

さて、気を取り直して。
0回転からのスタートで、169回転目の強スイカから青REGの当選。

この台、基本的にREGの方が重いはずなんですが。
なんで先に出てくるんですかね・・・?
ちなみにこのボナからのARTはなし。

そこからARTやボナを引いたりはしていますが、
結果を残すことはできず。
次の大きな動きは、2回目のARTを抜けた後の通常時のこと。

192回転目に引いたスイカからCZに当選。
そこでCZに成功し、ARTに突入。
ここから、成り上がりが始まりますよー!

引きの弱者の成り上がり

さて、ARTに突入からしばらくしてバーサスに突入。

今作のARTの肝となる、ベースアップのチャンスとなります。

1戦目が引き分け、少し後に入った2戦目も同じく引き分け…

と思いきや逆転勝利!
オーバーライドを勝ち取りました。

オーバーライドはバー揃いの高確率。
上乗せ特化ゾーンである、
『スカーレットドライブ(SD)』『ブルーインパクト(BI)』
の大チャンスとなります。

友人曰く「あまり揃うものではない」とのことで、
実際にこの時は揃いませんでした。
(狙えカットイン時、バー揃いの100%で。またハズレ時の10%で突入。)

その後青BIGを引き、事件が起きたのはARTに復帰したあとのこと。


(この台のBIGはなかなか綺麗な図柄並びになるので好きです。)

契機は不明なものの、なぜかSDに当選
オーバーライド状態だったため、内部で抽選が行われていたのかもしれません。

さぁ、この台の楽しいところやっていきますよー!

SDはベルとチャンス役でゲーム数を上乗せしていく、本作の特化ゾーンの一つ。
バー揃いで上乗せするBIとはまた違ったゲーム性を有しています。
そんなことよりナナちゃんがかわいい。

そんな“1回目の”SDでは、40Gの上乗せで終了。
そこからしばらくしてまた青BIGを引くのですが、
そこからの復帰準備中に

? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?

曲 停 止 & パ ネ フ ラ
めっちゃくちゃ気持ちいい…なお結果はボーナスでした。
なおボーナス中に、

ナナBAR揃いからのスカーレットドライブ確定!

あーもうこれどこまで行くかわかんねえや。もうめちゃくちゃだー!

2回目のSDではなんと100Gの上乗せ
その結果、残りゲーム数が177Gに。

あーもうこれ閉店コースだ。
悪いな友人たちよ、私は君たちと一緒には帰れな

い、なんてことはありませんでした。いつもの流れですね。

でもARTを700G以上も続けられたのは御の字じゃないですか?

楽しいところを満喫できた打ち納め

まずは総投資の確認から。
投資 : 6k(600枚) 回収 : 1800枚ほど 総回収 : 1200枚

まさかの勝ちという。
爆死して、「今年もおつかれ」なんて言って帰る予定だったのですが、
ここまで出てくれるとは思ってませんでした。

ゲロ辛台には、それなりの理由があるというわけですね。

ちなみに、横で打っていた友人たちはというと。
スロフォギア→重いボーナスをポンポンと引く
トータルイクリプス→帝都を燃やす

という謎の引きの強さを見せ、トントンないしは辛勝に持ち込んでいました。
大晦日ってドラマが生まれますね。事件はホールで起きてるんだよ。

というわけで今回は、
『ウィッチマスター』での打ち納めの模様をお送りいたしました。
やっぱり萌え爆裂機はいいもんですね。いろいろと重いですが。

それでは、またお会いしましょう!

※おまけ
『ウィッチマスター』を打った後のクレア3をのリザルト。

こんなにRT連する台でしたっけ…?

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました