すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『マジハロ7』実戦ボツネタ集.1『ファフナーEXODUS』

実戦報告

どうもこんにちは、タピオカ卍です!

今回は、過去に実戦した物の中から。
個別記事にすることのなかった二つの機種の実戦記事、
もとい報告を行おうかなと。

とはいえ、これらには個別記事にできなかっただけの理由がありますので。
そこらへん色々と茶化しながら報告をしていこうかなと。

スポンサーリンク

マジカルハロウィン7

ボツ理由:圧倒的な撮れ高の無さ

まず最初は『マジカルハロウィン7』
コンマイから導入された、人気のマジハロシリーズの最新作ですね。
何作目まで人気だったのか私は存じ上げませんが。

A+ART機から、擬似ボ+ARTへと変貌を遂げた本作。
AT機とはいえ、レア役からのボーナスがあること。
また、AT中は大きな設定差がないことから、
いつものマジハロらしさがあるかなぁと期待していた今作

私はあまりマジハロシリーズを打たないのですが、
通常時の感じは5あたりに似てましたね。
ど う し よ う も な い 感 じ が 。 

一応ベースはそれなりに高くて、1k/50Gほど回る上。
天井も573Gとそう高くないんですが
下手するとこうなります。

天井からのREG。枚数的には驚くこともないですね。
白鯨落ちしたリゼロが、これより少ないくらいでしょうか。

そして、AT高確率ゾーンのカボチャンスも駆け抜けて終了。

最終ゲームでボタン煽りがきて終了。
これは本当に煽られてるのでは…?

はー、

まぁ、6号機の大半なんてこんなもんですよ。
それにしてもマジハロ7は圧倒的にやれない感ありますが。

とはいえ、2000枚到達率は過去のコナミ台に比べてマシな気もします
というか、これまでの台がひどすぎた感はあります。
麻雀格闘倶楽部3とか、家康ちゃん基準と考えるとね…?

とりあえず、あまりにもやれる気がしなかったのでこの実戦はボツです。

ファフナーEXODUS

ボツ理由:AT入らず

それなりに稼働に貢献していると噂の『ファフナーEXODUS』
とりあえず、稼働から数日たってから打ちに行くことにしました。

独特なリールの打感は、いつものSANKYO台といった感じ。
この台はそこそこ見せ場というか叩き台が訪れるので、
マジハロよりはまだメリハリのあるプレイができそうです。

その後前兆を経由してボーナス当選。
で、この台の何が好きかと言えば,

ボーナス図柄揃いから、間髪入れずにムービーが開始される点

新台差枚数になって帰ってきたさらば諭吉のファフナー【蒼穹のファフナーエグゾダス】このごみ859養分

この演出、没入感あって割と好きなんですよね。ありそうでない演出ですし。
これも擬似ボの恩恵なんでしょうか?

で、ATチャレンジ。

導入前は、
「まーたファフナーちゃんは玉入れするんか。」なんて言っていましたけど。
実際やるとドキドキしますね、割と。

で、結果は失敗。成功してたら多分記事にしてました。

6号機は実戦記事に向かない

やっぱり設定ありきですね。

この間のこしあんさんではないですが、
こういった実戦記事に6号機はあまり向きませんね。
家スロでやるなら問題はないんですが…つらみをかんじる…

プレミアフラグも軽いわけではないですし、
個人のヒキでのドラマも生まれない。
高設定こそ”ある程度”安定はしますが。それ故に低設定は…

結果、6号機の実戦記事を書こうとしても、ボツになってしまうと。

まぁ、それはそれでこうやってまとめてぽいっ、
すればいいだけの話なんですけどね。

これからもほどほどに6号機を楽しんで行くことにします。

それでは、またどこかの実戦記事でお会いしましょう。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました