すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『射幸性を煽る、とは』見知らぬ、天井『その他新台情報等』

業界雑記

どうもこんにちは!タピオカ卍です!

というわけで。
今回も新台を含めたパチンコパチスロ業界の、
ちょっとした情報をお話ししていければなと。

以前から搭載されると言われていた、パチンコの”天井機能”。
この度、その正式名称が決まったようなのですが。
一部で物議を醸し出す結果となってしまったようです。

スポンサーリンク

その名も、遊タイム

パチンコに天井機能が搭載されるというのは前々から話されていたことですが、
その正式名称が決まったようです。
その名も『遊タイム』

まずこれなんて読むんですかね…?
個人的には、”プレイタイム”なんて読み方も面白いとは思いますが。

で、ざっとした内容がこちら。

 

天井の発動契機は、初当たり確率分母の2.5~3倍ハマりをすること
上の文章を例にすれば、1/319の初当たり確率だった場合。
795~957回転の範囲で、天井機能を発動させることができる、
ということになります。

とはいえ。
この辺りはこの話が公になる前から言われていたことなので、今回はスルー。

個人的に気になったのはその名称です。
『遊タイム』

(画像はあくまでもイメージです)

「似た名称の遊パチと被るのでは?」
「お年寄りに理解されないのでは。」

という懸念を示すユーザーもいます。

が、一番のツッコミどころはその命名経緯。
曰く、「天井という表現は射幸心を煽る」とのこと。

頭のいい人たちが、
「そうだ!天井だと射幸心を煽るから、他の名称を使ってもらおう!


と会議で話したのかと思うと頭が痛くなります。
天井という言葉に難色を示していたのは警察側という話もありますが、
にしてもどうにかならなかったんですかね…?

もちろん、パチンコ業界側の主張も読み取れなくもないのですよ。
遊ぶという漢字を入れることで、遊戯であることを主張したり。
とっつきやすくしたのかなぁとは思うのですが。
ダサい。その一言につきます。

『Pアクエリオン ALLSTARS』 SPムービーが公開!

2つ目はこちら!
SANKYOから導入予定の、
『Pアクエリオン オールスターズ』のスペシャルムービーが公開されました。

Pフィーバーアクエリオン ALL STARS スペシャルムービー

アクエリオンシリーズとしては、
スペック違いを抜いた場合。6作目にあたる今作

前作の時点で、初代とEVOL勢が登場してはいましたが。
今作ではそれに加えロゴス勢も活躍するようです。

まぁ私、ロゴス見てないのでなんとも言えないですが。
というかあれだよね、パチンコ系作品になるのも初めてなのでは…?

そして気になるのがそのスペック。
一番特筆すべきなのは、右打ちの80%が1500発というところでしょうか
仕置人で60%、Pまど劇で65%なので大量獲得の夢がありますね。

とはいえ、ST144回でST中の大当たり確率は1/83
これをどう取るかで、評価が変わってきそうですね。

演出があんまりうるさくないといいなぁ。
無理か、SANKYOだし。

有名パチンコライター、ボートへ

最後のネタもまたパチンコライター関係から。

ライターのしんのすけさんや木村魚拓さんらが、
ボートレースのイベントで100万円の払い出しに成功したそうです。

今の所私はボートに興味はないので、そこはスルーしていただいて。
この手の大御所のライターさんですら、ボート業界に流れていってるんですね。
船だけに。

一部の執念深…熱心なファンの中には、
「パチンコ業界を見捨てるのか、この裏切り者!」
などと怒り狂っている方も見受けられますね。

それだけパチンコ業界で稼ぐのが厳しくなったのか。
それとも、ボート業界がこちら以上に額を弾んでくれるのか。
私は

ただ、稼がなければ生きていけないという大前提がある上で。
自分にとって旨味がない業界を見限るのは、自然な流れではないのかなと。
ファンが納得できるかどうかは別として。

今後もこういった流れが増えるかもしれませんし。
もしかしたら、何か大きな大転換があって。
パチンコパチスロが、競馬やボートなどと同列に語られる日もくるかもしれません。

そうなれば一番幸せなのですが、賽は果たしてどう転がるのか。
この業界から今後も目が話せませんね!

というわけで、次はまた別に記事でお会いしましょう!

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました