すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【風が吹く!?】SANKYO『PF戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱』スペック&営業資料公開!【AXZ】

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
『UNLIMITED BEAT』まで収録ってこれマジ?

※各種要素を小分けにしているために項目数が多くなっております
「スペックだけ見たい!」という方は目次から当該項目に飛んでいただけますと幸いです。

スポンサーリンク

SANKYO『PF戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱』営業資料公開!

ティザーPVや簡易スペックが公開され、
2022年ライトミドルの覇権を噂される『PF戦姫絶唱シンフォギア3 黄金絶唱』

皆が待ちに待った話題の機種の営業資料をリークして頂きましたので、
さっそく皆さんと一緒に見ていきましょうか!

噂されていた”時速4万発スペック”
その真相も明かされるのでしょうか?

スポンサーリンク

演出一新! 今度は『AXZ』だッ!

各所で語られていた通り、本機のメイン版権はアニメ4期である『AXZ』

「3作目なのに4期?」と思う方もいるとは思いますが、
初代の時点で1~2期の演出をまとめて使用しているためですね。

ゲームフローなど

いつものようにゲームフローについては語るとだるくなるので…、
といいたいところですが。

上の画像にもある通り、演出こそ一新されたものの中身はいつものシンフォギア
特に難しい要素はありません。とりあえずハイどん。

5回転の最終決戦も健在ですが、
驚くべきポイントはRUSH直行振り分けが約26%も存在するということ。

詳細はスペックの項に譲りますが、1500発+RUSH直行ルートも…?

各種リーチ演出も基本的に今まで通りですね。

『激唱インフィニティリーチ』は、
「K2の標高」でおなじみの『S2CAトライバースト』系列の演出ですかね?

右下の最強リーチは『70億の絶唱』ポジションでしょうか?
またクソうるさい音がホールに響き渡るんですか…。
いいぞ、もっとやれ。

スポンサーリンク

最終決戦は選べる2モード!

みんな大好き最終決戦は、前作に引き続き2モード
前作では親の顔より見たバトルタイプと振動タイプでしたが、
今回はバトルタイプと突風告知タイプへと進化しました

「ギミックから風が吹けば…」とあるので、
振動タイプよりも京楽のエアバイブに近い完全告知タイプなんでしょうか?
西陣にも似たような演出使ってましたね。

そして、バトルタイプでは「アダムを倒せば…」との表記。
どうやら、今回の顔芸枠は彼みたいですね。

シンフォギアチャンス黄金

いつもの『シンフォギアチャンス』に該当するモードがこの『シンフォギアチャンス黄金』
回転数も7回+残保留4回今まで通りに消化することができそうです。

キャラクターもいつもの5人+特殊キャラクター1の計6人。
前回で登場したキャロルの代わりに、サンジェルマンという錬金術師が参戦します。

「特定条件達成で選択可能に」とありますが。
前作のキャロルよろしく、隠しコマンドが仕込まれていそうですね。

さて。
基本的に1回転1回転を丁寧に消化していく『シンフォギアチャンス(SC)』ですが、
今回は少しばかり趣が異なるようで…?

4~6回転こそ通常のSCらしさがありますが、
1~3回転目は高速消化区間となるようです。
ティザーPVで匂わされていたのはこの部分ですね。

後述しますが、今回はSC黄金中の50%は1500発のフルラウンド
これを序盤の3回転で積み上げていけたなら…。
とんでもない出玉スピードになるでしょうね。

プレミアム大当たり『70億の絶唱FEVER』

「想定されている出玉速度を実現するためには、
初当たり確率の底上げないしは上位ST等の存在が必須」と予測していましたが。
やはりありましたよプレミアム大当たり! その名も、『70億の絶唱FEVER』

私の資料解釈が間違っていなければ
「SC黄金中の特図1当たりの50%ないしは特図2当たりの一部」で突入するこのモード。

西陣の『ゆゆゆALL RUSH』などで見られた、
RUSH中の特図1大当たりを優遇するシステムの類似品ですかね。


(通常RUSHでは最大1400発のところ、199を引けば問答無用で1500発振り分けに。)

P結城友奈は勇者であるALL RUSH パチンコ 新台 ボーダー 評価
導入日2022年4月18日㈪。西陣の新台パチンコ「P結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)ALL RUSH」のスペック・遊タイム・評価・演出信頼度などを全て1ページにまとめ随時更新でお伝えしていきます!

10R1500発に加えて、振り分けの70%で同モードが継続します。
これ引けたら楽しいでしょうねぇ。

カスタム機能について

今までのシリーズでは演出カスタムが搭載されてこなかった『パチフォギア』ですが、
ナンバリングタイトル3作目にしてついに実装と相成りました。

通常時からしてそこそこ騒がしい部類入る機種なので、
レバブルカスタムなどができるようになるのはありがたいところ。

あ、今作もデスガ○ジ出来ますよ!

スポンサーリンク

専用筐体について

藤商事や京楽、そして平和に至るまで”風”機能が搭載されている昨今

実は業界の牽引役であるSANKYOって、
今までは同ギミックが搭載してなかったんですよね。

でも『突風告知』なるものがある。つまり…

付けちゃえばいいじゃん! ギミック!

ということで、前作で鎮座ましましていた響役物に代わり。
今作ではエアブースターらしき機構が追加されました。

画像ではいまいち分かりづらいですが、
ベイブレード連中は撤去されたみたいですね。

搭載楽曲について

例によって搭載楽曲も豊富です。ひとまず画像をドン!


(タップorクリックで別タブに拡大表示されます。ご利用くださいませ。)

私の大好きな『TESTAMENT』が聞けるのはもちろん、
アプリ版のテーマ曲である『UNLIMITED BEAT』まで収録とはたまげましたね…。

どうやら『AXZ』でも挿入歌として使われていたみたいですね。なるほど。

スペックについて

おまたせしました。スペックのお時間です。こちらも画像をドン!


(タップorクリックで別タブに拡大表示されます。ご利用くださいませ。)

SC黄金への直行ルートが約26%もあるのは、何度見ても違和感すごい
よくこれでフルラウンド載せられましたね…。

ちなみに、通常時の0.5%は1500%+SC黄金への特急券になります。
流石に『70億』コースは無理だったんでしょうが、十分強い恩恵ではあります。

件のプレミアム当たりは、SC黄金中のたった2.5%という薄い振り分け
とはいえ、1/199ならまだ引けない数字ではないと思うので。
案外拝む機会も多いのかもしれません。

従来のシンフォギアに+α

今回の『シンフォギア3』のスペックを見て思ったのは。
従来の『パチフォギア』にプレミアム大当たりを、上手いことブレンドして出してきたなと。

正直なところ、
別に『70億』引けなくても勝てるんですよこのスペック。
というか、今までのシンフォギアがそうだったじゃないですか。

安心して打てる、ついでにワンチャン狙える

数字だけをみるなら悪くないと思うんですが。
皆さんいかがでしょうね?これ。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました