すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【地味?】設置店舗数が少ないパチンコP機まとめ! 2018年編 Part2【レア台?】

設置店舗まとめ

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
スロットに比べて撮れ高というか、見せ場が少ないブロガー泣かせ。

スポンサーリンク

P機における、人気不人気の差に気づく

初登場から4年以上経った2022年
市場のパチンコ台は完全にP機へと移行されました。

当初はイマイチだったP機も、今ではホールの主役となり。
スロ専がパチンココーナーを開設したなんかのニュースも話題になりましたよね。

その勢いに乗ろうとメーカーが数多くの新台を発表するわけですが、
そこで生まれるのはやはり格差価格、稼働率、知名度etc…

店舗間においても様々な格差が広がりつつある今、
小規模店舗の心強い(かはさておき)味方になるであろうマイナー機種
その連中にスポットライトを当てることは意義があるはず

じゃあ、まとめちゃえばいいじゃん!
というのがこの企画の趣旨でございます。

御託はここまで。今回からは再び、
P機で特に設置店舗数が少ない機種をまとめていこうと思います。

レギュレーション

選出基準は記事執筆時点での設置店舗数が500箇所未満の機種
今回であれば2022年9月6日時点のものになります。

スロットは1000店舗以下を基準としていましたが、
対象機種が増えすぎるので上記のような数字を設定しました。

パチンコ店の軒数は2022年9月時点で7500軒程度なので、
7店舗に1台あるかどうかというラインになってきますね。

また、下記のようなPB機についてもできるだけフォローする方針でいきます。

なお、今回は『DMMぱちタウン』のデータをもとに掲載を進めます。

相場価格については、
『中古機相場.com』から記事執筆時点の金額を掲載する予定です。

スポンサーリンク

2018年編 Part2

PフィーバーR-18 Honey ver

全国設置店舗数196店
中古相場価格7800円

SANKYOの『PフィーバーR-18 Honey ver』

例によって打ったことのない機種なんですが、豊丸の『SOD』と印象が被るんですよね。
演出もどことなく豊丸みたいなんですよね。

スペックはよくある設定付甘デジなんですが、
台数が少ないのは潜伏確変があるせいでしょうか?

不人気で妥当。という感想を受けます。

Pサイボーグ009VSデビルマン 119Ver

全国設置店舗数341店舗
中古相場価格4950円

ニューギンの『Pサイボーグ009VSデビルマン 119Ver』

CR期に1/319で登場した機種がP機で甘デジになった例の一つ。
同社だと『シュタインズゲート』なんかもそうですね。

後に『デビルマン』も『009』もP機で復活を果たすわけですが。
懐かしむ意味で、打ってみるのも面白いかもしれません。

PA喰霊-零- 葵上 〜あおいのうえ〜設定付

全国設置店舗数461店舗
中古相場価格34545円

藤商事の『 PA喰霊-零- 葵上 〜あおいのうえ〜設定付』

地味に人気のあるシリーズですが、あまり打ったことは無いんですよね。
どちらかというと、並び打ちする際によく友人が座っていたイメージです。

設定付きでありながらその差は小さく、更には小当りRUSHまで搭載
打ちたいかと言われると難しいですが、そこまで悪くないスペックなんですよね。

ぱちんこ宇宙戦艦ヤマト2199 219ver

全国設置店舗数157店舗
中古相場価格11000円

サミーの『ぱちんこ宇宙戦艦ヤマト2199 219ver』

「ヤマトのパチンコはSANKYO系列以外認めない!」という人、意外といそうですよね。
かくいう私もその一人なので、このサミー製ヤマトには食指が伸びませんでした。

実は同作品はSANKYO系列以外にもサミーと藤商事が導入した歴史があります。

本機はST機ですが、この前に出た『ONLY ONE』はループタイプでしたね。
そういえばSANKYOもSTタイプのヤマトを後に出していたような…。

PAスーパー海物語IN沖縄2 GO

全国設置店舗数146店舗
中古相場価格0円

SANYOのPAスーパー海物語IN沖縄2 GO』

はい、ダイナムの『ごらくシリーズ』でございます。ナニモイウコトハナイ。

本当にGO系は書くことが無くて困るんですよね…。

Pモモキュンtheドラム ME/GLA

全国設置店舗数ME:14店舗 GLA:100店舗
中古相場価格ME:5750円 GLA:11333円

西陣の『Pモモキュンtheドラム ME/GLA』

MEが弱ライトミドル、GLAは甘デジといったスペック帯になっています。
もれなく設定付きです。

どちらか忘れましたが、過去に一回打ったことがあるんですよね。
めちゃくちゃ面白くなかったんですよこれ。

スペックで尖っていた某きゅあがまだ生きていたこともありましたが、
ドラム機の面白いところが全然前に出てこなかったんですよね…。

次は2018年 Part3

というわけで。2018年Part2のまとめはいかがでしたでしょうか。

撮れ高、もとい美味しい機種が出てこないので。
ブロガー殺しもいいところな記事になってますね。心折れそう。

次は2018年 Part32018年の最後を飾る連中が登場します。
お付き合いいただけますと幸いです。

次回もお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました