すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【地味?】設置店舗数が少ないパチンコP機まとめ! 2019年編 Part1【レア台?】

設置店舗まとめ

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
2019年の夜明け、Part1。

スポンサーリンク

P機における、人気不人気の差に気づく

初登場から4年以上経った2022年
市場のパチンコ台は完全にP機へと移行されました。

当初はイマイチだったP機も、今ではホールの主役となり。
スロ専がパチンココーナーを開設したなんかのニュースも話題になりましたよね。

その勢いに乗ろうとメーカーが数多くの新台を発表するわけですが、
そこで生まれるのはやはり格差価格、稼働率、知名度etc…

店舗間においても様々な格差が広がりつつある今、
小規模店舗の心強い(かはさておき)味方になるであろうマイナー機種
その連中にスポットライトを当てることは意義があるはず

じゃあ、まとめちゃえばいいじゃん!
というのがこの企画の趣旨でございます。

御託はここまで。今回からは再び、
P機で特に設置店舗数が少ない機種をまとめていこうと思います。

レギュレーション

選出基準は記事執筆時点での設置店舗数が500箇所未満の機種
今回であれば2022年9月6日時点のものになります。

スロットは1000店舗以下を基準としていましたが、
対象機種が増えすぎるので上記のような数字を設定しました。

パチンコ店の軒数は2022年9月時点で7500軒程度なので、
7店舗に1台あるかどうかというラインになってきますね。

また、下記のようなPB機についてもできるだけフォローする方針でいきます。

なお、今回は『DMMぱちタウン』のデータをもとに掲載を進めます。

相場価格については、
『中古機相場.com』から記事執筆時点の金額を掲載する予定です。
今回は9月12日時点の金額になります。

スポンサーリンク

2019年編 Part1

P春一番〜花札昇舞〜

全国設置店舗数212店
中古相場価格7166円

西陣の『P春一番〜花札昇舞〜』

この手の地味な西陣機種にはあまり興味が沸かなかったので、見てもスルーしていました。
もっとも、見たかどうかも怪しいですが。

『春一番』ということで、システムはV確ループタイプ。
初当たり確率が微妙な数字であることに加えて設定付き。

流行らないのも納得ではあります。

P藤丸くん30min 4000FGZ設定付/FF設定付き

全国設置店舗数FGZ:47店舗 FF:2店舗
中古相場価格FGZ:7400円 FF:40000円円

藤商事の『P藤丸くん30min』

役物機と設定の悪魔合体で生まれた一台
高尾といい、なんでこういう事するんですかね。

何より悪かったのは、2段階設定にしたこと。
加えて、FFの方は1と6で4倍以上の差があることです。

多少マシになったとはいえ、この8ヶ月後にあの受話器が出るんですよ…。

PAさくらももこ劇場コジコジ2 N2-K4/N2-K

全国設置店舗数N2-K4:42店舗 N2-K:355店舗
中古相場価格N2-K4:5000円 N2-K:13833円

ニューギンの『 PAさくらももこ劇場コジコジ2』

令和の世にコジコジが生き残っているという事実。
てっきりCRで生き途絶えたものかと。

設置店舗数に差があるのは設定差が前者が4段階、後者が6段階だからかと思われます。
後者の方が使いやすいと思っていたんでしょうね。このときは

P押忍!番長2

全国設置店舗数215店舗
中古相場価格38157円

大都技研の『P押忍!番長2』

そもそも番長シリーズに興味がないのもありますが、
この頃の大都技研のパチンコ機はそもそも影が薄かったですよね。

右打ちの一撃で最大3000発が取れるのはいいんですが、
仕組みがちょっと複雑で、設定差も大きく使いづらそうな一台でした。

枠に大きな需要があるので、台数が減ったのはそれが一因なんでしょうね。

P犬夜叉 ジャッジメントインフィニティ プレミアム

全国設置店舗数132店舗
中古相場価格2916円

D-light(Daiichi)のP犬夜叉 ジャッジメントインフィニティ プレミアム』

Daiichiおなじみのクルーン機『CRうしおととら』の親戚みたいなものですね。
最近続編が出ましたね。あんまり話題になってないですが。

続編が出た今、初代を残しておく意味もあまり無いんでしょうね。

モードぱちんこ どらむ★ヱヴァンゲリヲンGOLD

全国設置店舗数231店舗
中古相場価格6300円

ビスティのモードぱちんこ どらむ★ヱヴァンゲリヲンGOLD』

初当たりが軽い分、右打ち確率がほぼ同じというよくある甘デジスペックのドラム機。
例によって設定付きです。

ドラム機なのに次回予告演出やチャンス目があったりと、
エヴァらしさを出そうとしている努力は感じますね。

ケツ浮きするような当たりもあったりで、意外と楽しめるはずです。多分。

次は2019年 Part2

というわけで。2019年Part1のまとめはいかがでしたでしょうか。

P機の開発が本格化してきたこともあって、
設定付きなどの挑戦的な機種が多く見受けられますね。。

次は2019年 Part2またしても地味な回確定でございます。
が、お付き合いいただけますと幸いです。

次回もお楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました