すろざんまい X 旧イベ特定日まとめ
機種系情報

【新台】藤商事『Pリング 呪いの7日間3 ラッキートリガーVer.』スペック&ゲームフロー公開! LT『貞子夢爽』は90%継続!?

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
どこに割を振るか、どのスペックが好みなのか。分かれそうですね。

スポンサーリンク

藤商事『Pリング 呪いの7日間3 ラッキートリガーVer.』スペック&ゲームフロー公開!

”クソデカいヘソ”こと『BIGスタート』の搭載が発表され話題になった『藤商事』の『P貞子』

【新台】藤商事『P貞子』簡易スペック&ゲームフロー公開! これがラッキートリガーで攻める藤商事のやり方だ!?
様々な噂の飛び交っていたシリーズ最新作。その実力とは…?藤商事『P貞子』簡易スペック&ゲームフロー公開!

しかし貞子が登場する『藤商事』の作品といえばもう一つ人気のシリーズがありますよね。

というわけで今回は『藤商事』から8月頃に導入が予定されている、
『Pリング 呪いの7日間3 ラッキートリガーVer.』について。

頂いた資料皆さんと見つつしっかりと学んでいくことにしましょうか。

スポンサーリンク

前作について

前作『Pリング 呪いの7日間3』について、少しおさらいをしておきましょう。

前作は2023年9月に登場したハイミドルの一台で、
『2』の登場からおよそ3年後に導入された機種でもありました。

水の模様をイメージしキラキラした筐体に目が行きますが、スペックもなかなか。

ヘソ当たりからのRUSH突入率は約80%で、初回RUSHのみトータル約70%
RUSH2回目以降はトータル約83%継続へと変化。

”大当たり”は、ALL1500発というのも魅力でした。

Pリング 呪いの7日間3
解析情報無料公開中! 【powered by DMMぱちタウン】

出玉なしはC時短当選によるもの。魅せ方も話題になりました。

そんな本機は、どのように進化したのでしょうか?

もちろんあります、ラッキートリガー

さて、本機の見どころ最近流行り『ラッキートリガー』が搭載されているという点。

詳しくは後ほど解説を試みますが、
本機はラッキートリガー無しでも戦える一台なのでしょうか?

ゲームフローについて

続いてはゲームフローを確認していきましょう。

通常時で初当たりを取り、振分を勝ち取ることで通常RUSHへ突入。
その後、通常RUSH中の一部振分でラッキートリガーが発動するという形ですね。

RUSH継続率約73%から約90%へと上昇しますが…。
直近ではLT性能が約87%でALL1500個機種も登場していましたよね。
違いはどこにあるのでしょう?

ラッキートリガー『貞子夢爽』

続いては本機のラッキートリガーについて学びましょう。
本機の上位RUSHもといLT『貞子夢爽』

詳しくはスペックの章で語りますが、
最大ラウンド振分の一部がLT突入契機となっています。

『貞子夢爽』中は2つのモードから選択することが出来るようで、
良くも悪くもサクサク高速消化の部類になるのでしょうね。


(前述した『まどマギ』でも既に「LTが面白くない」と云われているようで…。)

貞目って何?

カスタマイズ要素について

続いてはカスタマイズ要素について。

前作『2』ではあまりに早すぎて人を◯せそうな手役物が主なカスタマイズ要素でしたね。

ですが、前作の登場から数年が経過し。
私たち打ち手は、あるモノを求めるようになりました。

そうです。ミドル版『3』にも何故か搭載のなかった『先ロリ』
これが満を持してリングリシーズに搭載される運びとなりました。

その他カスタマイズも豊富にありますが、
私の好きだった『静寂』は消えました…?

スペックについて

最後に、スペックをしっかりと確認していきましょう。
まずは初当たり振分から。

本機は初当たり確率1/199のライトミドル機で、
ヘソからのRUSH突入率は70%とぼちぼち高め。時短等はありません。

続いて下位RUSH『貞子夢爽』について。

それぞれ当選確率は共通で1/57.6となっていて、
前述した継続率の差ST回数によるものとなっています。

LTの突入条件1200個当たりの一部全体から見た場合10%程の振分を勝ち取ること。
『うる星やつら』や『バイオRE2』の様に、まどろっこしい段階はありません

弱そうに見える…?

本機はRUSH突入率、下位と上位の継続率に数字を割り振ったせいか、
1回の当たりでの最大出玉が1200個とやや控えめな設計に。


(とはいえLT性能はしっかり強いはずなんですけどね。)

そのうえ、450個の振分まであり。こう思う方もいるかもしれません、
「この間出た『まどか』でいいじゃん」と。

P魔法少女まどか☆マギカ3
解析情報無料公開中! 【powered by DMMぱちタウン】

ですが本機の強みは、前述した間口の広さと継続率の高さにあります。
LTへの入口こそ狭くはなっていますが、1/199で挑戦できる回数はこちらの方が多いハズ。

何を重視してどのLT機を選ぶのか。
これは今後の立ち回りで、避けては通れない問題になるはずです。


(既に『アリア』『FT』『まおがく』のうち、何を選ぶのか。
という文脈で語られている内容でもあります。)

RUSH中ALL1500個の魔法少女も魅力的ですが、
継続率の高い悪霊も捨てたものではありませんよね。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

おまけ 前作『2 ライトミドルver』との比較

資料には前作『2 ライトミドルver』との比較があったので、一応貼っておきましょう。

おまけ2 盤面画像

盤面画像もありました。こちらも貼っておきますね。

コメント