すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『長野県』長野県が検定/認定切れの遊技機についてコメント『もしかして…』

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!

今回は長野県遊協から出されたあるお知らせについてのお話。

コロナでてんやわんやしている今ではありますが、
私たちユーザーの心配事はそれだけではありません。

スロットとパチンコにおける2020(2021)年問題
今回はそちらに関するお話。

 

検定切れの遊技機の撤去について

長野県遊協が出したお知らせ、その見出しはこうでした。
「遊技機の撤去に係る対応について」

こ、これはもしや…。
期限切れ機種の稼働延期ワンチャンあるー!?


(キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!)

というわけで、中身を見てみましょう。

大事なのはこの部分ですかね。

つまり、
「コロナで大変だろうから。
期限切れの台は電源切っておけば撤去しなくてもいいよ~。」
と。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解散

 

そもそもの話

そもそもの話。
パチンコやパチスロの検定/認定期間満了は、
別にユーザーを第一に考えた措置ではないんですよね。

健全に遊技を行っていくためのものですから。

 

「もう遊べなくなっちゃうから…だめ?」

といわれても、

ダメです

としか返せないんですよね。

悲しいですけど、
それがこの業界がやってく上でのルールですからね…

まして、6号機やP機と呼ばれる新基準機も出てくるわけですし。

 

今後変わる可能性はある

上で一蹴しましたのであれですけど。
この問題を不安視しているのはユーザーだけではないんですよね。

当然と言えば当然なんですが。業界全体、特にホール側が危惧しています。

理由は簡単。
2021年のしかるべき時までに、
ホールの台をすべて新基準機に入れ替えなくてはならないから。

現在、パチンコはCR機とP機。スロットはパチスロ機とS機が混在していますが。
それがP機とS機のみになる、ということ。

多くのお金や時間、そして機種が必要になってくるんですが。
このコロナでそのすべてが危機的状況に。

そんな中。先日、全日連が警察庁に設置期限延命の打診を行いました

もしかしたら、コロナ禍の中でひっそりと消えていった機種たちにも。
また日の目を浴びるかもしれません。

そう、バーストエンジェルとかね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
すろざんまいではちまちまとツイッターの方も更新しております!

当ブログ更新の際の通知や、暇つぶしなどに。
ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました