すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

営業再開後のパチンコ店は、”アレ”が辛かった…

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!

 

蒸し暑くて、冷房ガンガンのパチ屋が恋しい今日この頃。

皆さんの日常もそろそろ戻りつつあるのでしょうか。

 

今回は営業再開したパチ屋で1日過ごした時のお話。

 

スポンサーリンク

営業再開後したパチ屋の状況

特殊なロードマップを制定し、未だ休業要請を出している東京を除いて
すでに多くの都道府県でパチンコ店が営業を再開しています。

間引きや台間ボードを使用し、万全のコロナ対策を敷いての営業。
この辺の話は、ペコ太郎さんとの対談でも話しましたね。

『コロナ対策』緊急事態宣言明けのパチ屋ってどんな感じだった?『理想と現実』
どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です! 今回は緊急事態宣言明けの5月26日パチ屋を訪れた二人の対談。 二人はどうやら、パチ屋のコロナ対策が気になるようで…?

そんな営業再開明けのホールで、丸一日遊んでみることにしました
もちろん私自身もしっかりと対策を行ったうえで、ですよ?

スポンサーリンク

朝一入場から見える緩さ

今回の入場は朝一から。

もはや皆身体に身についてしまっているのか、
それぞれが適度に距離をとって過ごしていました。

ただ、地域密着側のお店だからなのか。
喫煙コーナーでは楽しそうに談笑する方々が

並びは10数人ほど。キチンと一人ずつ間隔をあけての待機でした。
この時点でマスクをつけるよう、声かけもされていました。

ただ気になった点もありまして
「検温を実施しています」と書いてある割に、
測定はセルフで特に店員のチェックはなし。

私が行った日がたまたまだったのか、それとも…。

 

ほぼ間引きなし!その代わりに…

店内に入ってまず驚いたのは、間引きがほとんどされていないという点。
パチンコには分煙ボード、スロットには各台ごとに飛沫防止シートを設置していました。

(イメージとしてはこんな感じ。)

対策済みな上で間引き無しというのは、ユーザー的に最アンド高って感じですからね。

とりあえず、お目当ての台は取れ。晴れて遊技開始となりました。

 

思わぬストレス

そうして遊んでいたのですが、開始1時間もしないうちに不快感が身体を襲います

それは、マスク

パチ屋は屋内施設なので当然冷房は効いているんですが。
やはりというかなんというか、顔だけ暑い。顔だけ蒸れる

その上呼吸もしずらいときて、不快指数が右肩上がり。

最大の敵は間引きでも、店側が行う体調チェックでもなく。
自身を守り、周りへの配慮を行うマスクだったんですね。

マスクとともに閉店時間まで

そんな不快感と戦いつつ、気が付けば閉店時間。

30分おきに外の空気を吸いに行ったり、アメニティのおしぼりで顔を拭いたりと。
いろいろな抵抗をしながらの10数時間でした。

私もそこまで若いわけではないので、
丸一日スロットを打ち続けると当然疲れるんですが。

そこからさらにマスクの不快感が上乗せされるわけで。
はっきり言ってかなりしんどかったです。

冷房の効きが強くなれば、また話は変わるのでしょうか…?

 

結論

入場時の健康チェックや間引きなどは面倒ではあるけれど、
そこは楽しむための最低限として受け入れていくしかない。

マスクもそのための一つではあるが、
こちらは思っていたよりもはるかにしんどい。

私が行った店舗ではマナーの悪いユーザーはいなかった。
打ちたい欲望とコロナへの配慮をうまく両立させていると感じた。

とこんな感じでしょうか。

・釘と設定
・間引きや台間ボード等の見た目
・マスク

以外は平時と変わらないですね。
いつぞやのぴりぴりとした空気もありません。

「打ちに行こう!」とは積極的には言いませんが。
しっかりとした対策を行えば、今はもうコトを楽しめる状況にあります。

第二波などの心配もありますが、そのための対策です。
私たちもできることをやった上で、気持ちよく遊技をしたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました