すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【海スロ】SANYO『S Lucky海物語』の筐体とスペックが公表!【ジャグ対抗馬】

機種系情報

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!

思ったよりシンプルなのが出るみたいですね。

 

スポンサーリンク

6号機ノーマル海『S Lucky海物語』の筐体が公表

源さんや海物語のヒットで波に乗っているSANYOから、
『S Lucky海物語』が登場です!(以下:本機)

 

なんと液晶無しノーマルAタイプ

同社ではクジラッキー以来の機構でしょうか?
(正確には、あれにも液晶はあるにもあるんですが。)

Aタイプ海としては6機種目になるのでしょうか。
(ART機のミラクルマリンや、AT機のT-ARAを除く。)

 

海というコンテンツで液晶無しAタイプ。
これは何か狙いがありそうですね。

スポンサーリンク

6号機Aタイプ最高クラスのBIG枚数

本機はいわゆる”ノーマルA”タイプではありますが、
そのスペックにはなかなか目を見張るものがあるようで。

 

ボーナスの最大獲得枚数
・BB→260枚
・RB→91枚

初当たり確率
BB→1/284.9~1/246.4
RB→1/420,1~1/250.1
合算→1/169.8~1/124.1

 

まず、BBの獲得枚数が6号機Aタイプで一番多くなっています。

2番手は技術介入成功で最大259枚のバンバンクロスで、
ボーナス中はフリー打ちのこちらの方が気が楽ですよね。

BBは設定差こそあまりありませんが、
設定6の合算は1/124とかなり軽め
これ結構いい感じに遊べるんじゃないですか?

 

超韋駄天の抱き合わせ疑惑

してこの海。Twitter界隈では
「超韋駄天の抱き合わせ」「ダッキーwww」などと言われているわけですが、
おそらく事実なんでしょう。

 

もしくは、来年出ると噂されている6.1号機星矢の機歴かもしれません。

しかし本機が仮に機歴だったとして。
前回の笑ゥ絶許…ではなく絶笑よりもかなり魅力的な機種に見えます。


(パチスロライターすら匙を投げた問題作)

 

というのも。
本機は(私の予想ですが)、
「6号機アイムの穴埋めとして置いてもらう」
というコンセプトのもとに作られたのではないかと。

 

以前別の記事で書いたのですが。
6号機アイム導入に際して5号機ジャグを全撤去した場合、
数万台クラスの空きが発生するんですね。

【消えゆく5号機】スロット設置台数ランキングをまとめたら、この先が怖くなった話。【アイムジャグラー】
どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です! 何の台が一番多く設置されてるんだろうって、漠然と思ったことありません? 今回はそちらをトップ5までご紹介。 そして、その先に訪れる未来についても少しばかり考察。

 

本機はそこに食い込ませるための飛び道具ではないかなと。
ましてや海ですからね。
ジャグと並んでパチ屋の住人で知らない人間はいないでしょう。

 

抱き合わせにしては味の濃い本機。
果たしてユーザーはどのような反応をするんでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
ぜひフォローをよろしくお願いいたします!

→すろざんまい(@manmaimine)

 

おまけ

本機のリール配列を見ていて思ったんですが。

6号機アイムでは1つだった「中リールの赤7の数」が2つになっていますね。

目押しの難しいお年寄りからすれば、ボナ図柄は多い方がうれしいはず。
こういうところなんですよねぇ、SANYOのすごいところ。

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました