すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

『6号機カイジ』これが…沼ッ!『その他新台情報』

業界雑記

どうもこんにちは!タピオカ卍です!

というわけで。
今回も新台を含めたパチンコパチスロ業界の、
ちょっとした情報をお話ししていければなと。

先日サミーから『回胴黙示録カイジ5』が発表され、
ネット上をざわつかせました。

見た目、スペック。
沼としか言いようのない”何か”が、そこにありました。

スポンサーリンク

激重ボーナスッ! 4リール筐体ッ!

というわけで、
まずは『カイジ5』の紹介からしていくわけなんですが…
まずはこれを見てよ。

まず目を奪われるのは、いつもの見慣れた筐体に似つかわしくない回胴。
まさかの、4リールッ!

6号機では『花伝』に次ぐ2機種目の4リール機ですね。
4リールはサミーのお家芸みたいなところがあったので、
先を越されたのは正直意外でした。

そして次に目がいくのはATの仕組み。
まさかのノンストップ純増9.0枚

この数値は新基準最速と言われているルパンと同じで、
6号機全体でみてもまだ2台しかありません。

とはいえ問題は、この速度を出すために何が犠牲になったか。
その答えは、上のツイートの画像2枚目にあります。

沼ボーナス確率→1/893~1/1189

は?

ちなみに、
『星矢SP』のAT初当たり確率は1/289~1/1748。
1と6に大きな隔たりがある故に、ギザギザグラフができるんですね。

こちらの確率分母の差は1と3で300ほど。
それ自体はいいんですが、にしても『沼』の確率分母が重いこと。

もちろん、初当たり確率が重いなりの理由もあります。

それがこの沼ボーナス
1セット300枚がループするという謳い文句。

凱旋かな?

ED到達で1200枚ということは、
沼ボーナスを4回ループさせればEDって甘くない…?甘くない?

甘くないよなぁ!?。

 

まぁ星矢と比べれば1は甘いよ、うん。甘い。
でも設定6で約1/900って…。

4thリール台が作れて、リール遊びも緩和されるらしいし。
サミーはこんな台作ってないで早くラグランジェ2を出して。

家庭用、ディスクアップ

またしてもサミーの話題。

先日開催された、『第一回P-SPORTS 超ディスクアッパー選手権』。
その大会で利用された競技用筐体が、一般発売されることになりました。

この一般という言葉。ゲームセンター等に置くためのものではなく。
あくまでも個人用のようで。

お値段なんと

(初回生産の50台は限定で)22万2千円!(税込)。

悪くはない…のか?

通常のディスクアップが新品で4~50万。家庭用の中古価格が30万ほど。

目押ししかできないと考えても。
この競技用機で練習してホールきっちり打てば、
割とすぐに費用が回収できる可能性もなきにしもあらずかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごめん、冷静に考えたらさすがに20万は高いわ。

ただ、この台って老人ホームとかゲームバーとか、
そういう場所に置いたら面白いんじゃないかなぁと。

スポーツとして流行らすのであれば、競技人口を増やすのもいいだろうし。
それこそゲームセンターなんかにあっても楽しいかもしれない。

個人勢以外、どういう人たちが購入するのか。
そっちの方が気になる案件ですね。

山佐、宇宙へ行く

 

いや、タイトルだけでポルナレフ状態かもしれないけれど、
この記事を見た私もまさにこんな感じだったんだよ。

元になったニュースはこちら。

最初見たときにこのヤマサは醤油を作ってる方かと思ったんですけど、
パチスロメーカーってしっかり書いてあるんですね。
マジかよ山佐…

『この衛星打ち上げのライドシェア』っていうのは何かと言うと、
「複数の人工衛星等をロケットに相乗りさせて打ち上げる。」こと。

ケロットがついに宇宙進出してしまうのか…それどこのタイムクロスよ?

これで虹河ラキちゃんもきっと世界へと羽ばたいていくことでしょう。

というわけで今回はここまで。
また別の新台情報記事でお会いしましょう!

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました