すろざんまいTwitter旧イベ特定日まとめ

【車内放置】パチンコ業界さん、某テレビ番組に対してクレームを送った模様【ZIP!】

業界雑記

どうもこんにちは、タピオカ卍(@manmaimine)です!
そういうイメージがあるからってことなんでしょうが。

業界はしっかりと対策してるんですけどねぇ。

スポンサーリンク

車内でローストビーフが焼ける、夏

8月を折り返してなお、依然として暑さの極まる2022年夏の日本

夏に付き物の話題は色々とありますが。
今回取り上げるのは、パチンコ業界でも対策が行われている車内放置について

直近では、「車内の熱でローストビーフが出来る」なんて動画もバズってましたよね。

残念ながら今年も車内放置で死者が出てしまったとのことで、
情報番組で報道されたらしいんですが…。

どうやらここで、ひと悶着あったご様子

スポンサーリンク

パチンコ業界さん、某テレビ番組に対してクレームを送った模様

車内放置のニュースなんてよくあること(本来はよくあっちゃいけないん)ですが。
なぜ『すろざんまい』で取り上げるか、という所が気になりません?

その理由はパチンコ業界団体『パチンコ・パチスロ産業21世紀会』が、
とあるテレビ番組に対して送付した要望書にすべて書かれています。

ニュース番組「ZIP!」における 7 時 45 分からのニュース内で、
「子ども車内放置で注意喚起」と題し、
「(中略)」
「千葉・八千代市で女の子(1 歳)が車中に放置され熱中症とみられる症状で死亡」というテロップに続き、パチンコホールでの注意喚起活動の映像が放映されました。
「(中略)」
自宅前駐車場で発生したもの
であるにもかかわらず、
「(中略)」
あたかも同事故がパチンコホールで発生したかのような、誤解を与えかねないものとなっており、その編集姿勢に疑念を抱かざるを得ません。

パチンコ・パチスロ産業21世紀会
「要 望 書  8月17日放送の貴社ニュース番組「ZIP!」の内容について 」より。

パチンコホールでの子供放置、135人を救出 - CARSMEET WEB
パチンコホール企業などの団体である全日本遊技事業協同組合連合会によると、2019 ...

3行でざっくりまとめるとこうです。
・件の事故とパチ屋は関係ないやろ
・関係ないのになんでパチ屋の画を使った?
・やめたらその仕事

とこんな感じですかね。
最後のはかなり湾曲して書きましたが、業界側はかなりオコなわけです。

スポンサーリンク

パチ屋は事故発生防止に努めている

ご存知の様に。
概ね5月から10月頃まで、
『子供の車内放置撲滅キャンペーン』と称した活動日本全国のホールが行っています

全日遊連の公開しているデータでは、2019年の死亡者数は0名
救出件数もかなりもので、
いかに業界がこの活動に力を入れているかがよくわかります

子どもの車内放置撲滅キャンペーン

(もっとも、後述する死亡事件が2020年に起きてしまうんですが。)

責められるべきはそうした行いをしている愚かな親なのであって。
救出の責任こそあれ、パチ屋そのものが矢面に立たされる理由はありません

今回の件は完全な風評被害! 、と言いたいんですが…

現実?マッチポンプ?

テレビ側がわざわざパチ屋の映像を使ったということにも当然理由があるわけで。
これは恐らく、世間的なイメージが関係しているものかと思われます。

というのも。グーグル等の大手検索エンジンで『車内放置』と入力すると、
サジェストで『車内放置 パチンコ』と表示されるんですよね。

パチ屋だけなんですよ。特定の場所としてサジェストに上がるのって

実際、パチンコ店ないしはパチンコ遊技のために発生した死亡事件もあります。
全日遊連が公開した図にも数字がありますし、
前述した2020年の神戸の一件も悪い意味で有名ですよね。

パチンコ放置死で父親に実刑…情状酌量の余地なし | レスポンス(Response.jp)
今年7月、兵庫県篠山市内で、2歳の男児を車内に放置したままパチンコ店で遊戯し、この男児を熱中症で死亡させたとして重過失致死の罪に問われた26歳の男に対する判決公判が11月30日、神戸地裁で開かれた。

救出件数が多いということは、
それだけ「車内放置を行っていた親が多い」ということでもあり。
そこは否定できませんが。

マスコミがことごとく過剰に報道するため、
「自分たちが作ったイメージを都合よく利用しているのでは?」、
という見方も出来るんじゃないかなと。


(ちょっとしたマッチポンプ状態にも思えますよねこれ。)

業界の要望は妥当

要望書の最後は、このような文面で締めくくられています。

視聴者に対し、正確な報道をするようご配慮いただくとともに、
パチンコ・パチスロホール業界の子ども事故防止についても十分ご理解いただくようお願いする次第です。

叩きやすい業種であるのは仕方のないところですが、
「やることはやってるんだぞ」というのはしっかりとアピールしてもらいたいですよね。

そういった意味でも、今回は要望書は尽く妥当なものであると判断できます。

というか、既にそういった報道を行っているテレビ局もあるようで。

こうした取り組みが世に広まるとともに、
車のガラスをぶち破る回数も減って行くと良いですね。

世が世なら、
「車内放置を撲滅するために車のガラスを割るオフ会」
とか開かれてたんでしょうか。
そうなると、割りまくれるほどの件数が発生するという事に…。うん、普通に嫌ですわね。

最後までお読みいただきありがとうございました!
私ことすろざんまいではツイッターもちまちまと更新しております!

新着記事の確認や、暇つぶしにどうぞ!
フォローやRTなどをよろしくお願いいたします!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました